学科紹介

保健師教育課程

本学の保健師養成は選択制です。卒業生は福井県内外の自治体(県・市町村)の保健所や保健センターに働く行政保健師や企業に働く社員とその家族の健康を管理する産業保健師、学校で働く養護教諭として活躍しています。 他にも子育てや高齢者の介護の相談などを行う地域包括支援センター、障がい者の相談窓口など、保健師の活動の場はますます広がっています。

保健師とは?

保健師は、地域で生活している人々の健康増進や病気の予防、健康の回復を支援する仕事をしています。保健師になるためには、看護師資格を取得(取得見込み)し、かつ保健師国家試験受験に必要な科目の単位を取得し、国家試験に合格する必要があります。

社会で期待される保健師の役割とは?

保健師の仕事は、地域で生活する乳幼児から高齢者、健康な人から病気や障がいを抱える人等、あらゆる人びとの健康と地域の人々が生活する環境をまもることです。具体的には個人や家族への家庭訪問や健康相談、検診や健康教育、地区組織の育成等多岐にわたります。このような活動を通し地域包括ケアシステムの構築に向けた住民や組織同士がつながり、人々とのネットワークを築く役割も担っています。

本学の保健師課程の特徴とは?

講義のみならずグループワーク、地域に実際に赴くフィールドワーク、発表会等の学生主体の授業を多く行っています。
公衆衛生看護学実習では保健所や保健センター等で以下のような実習を行っています。

  • 地域の抱える健康問題を診断する地域診断(写真1、2、3、4)
  • 個別のお宅に訪問し健康相談を行う家庭訪問(写真5)
  • 健康課題に即した健康教育(写真6、7)
  • 地域全体の健康政策のシステムづくり・施策化(写真8)

地域の抱える健康問題を診断する地域診断

公民館で地域のボランティアさん(中央)から高齢者のサロン活動の取り組みのきっかけや地域の特徴など学生がインタビューしてお話を伺っているところです。(写真1)

児童館で地域のボランティアさん(中央奥)から子育て支援の取り組みのきっかけや地域の特徴など学生がインタビューしてお話を伺っているところです。(写真2)

地域の特徴や健康課題について地図や写真、グラフなどを用いて「見える化」して発表しているところです。(写真3)

地域の特徴や健康課題について地図や写真、グラフなどを用いて「見える化」して発表しているところです。(写真4)

個別のお宅に訪問し健康相談を行う家庭訪問

高齢者のお宅に訪問し血圧測定や健康相談をしているところです。(写真5)

健康課題に即した健康教育

保育園児を対象に、学生が手洗いについてお話しているところです。(写真6)

保健センターで学生が高齢者を対象にインフルエンザ予防のための手洗いについてお話しているところです。(写真7)

地域全体の健康政策のシステムづくり・施策化

保健所の管理者へ地域全体の健康づくりに必要な対策について学生がプレゼンテーションしているところです。(写真8)

看護学科の特徴へ戻る