学科紹介

助産師教育課程

本学は福井県で唯一の助産師養成教育機関であり、卒業生は福井県内外の医療機関で助産師として活躍しています。少子化の中、母子保健がますます重要視され、これまで以上に助産師へのニーズも高まっている中で、命をつなぐ専門職である助産師をあなたも目指してみませんか!

助産師とは?

助産師は、出産する人が安心して分娩できるよう、病院や産婦人科医院・助産所で妊産婦への指導や分娩時の介助、新生児のケアや育児相談などを行い、さらに、女性や家族の一生を通した性と生殖をめぐる健康問題に関わる専門職です。

社会で期待される助産師の役割とは?

少子化が進む中、安心して子どもを産み健やかに育てるために、妊娠している女性や出産を迎えた女性と子ども、およびその家族に対するケアの必要性が高まっています。加えて、次代を育む女性やその家族に対する生涯にわたった健康への支援、リプロダクティブヘルス(性と生殖に関する健康)の支援が求められており、助産師へ寄せられる期待は大きいものがあります。

本学の助産師課程の特徴とは?

  • 助産師養成課程の教育は看護学科全体で取り組んでいます(統合カリキュラム)。
  • 統合カリキュラムの特性を活かして、助産師国家試験受験に必要な学習を1年次から行い、4年次では特に助産のコアとなる専門科目を講義・演習・実習の形態で履修します。
  • 教育内容は、基礎助産学、助産診断・技術学、地域母子保健、助産学実習等で構成されています。
  • 特に病院や助産所で行われる助産学実習を重視しており、自ら判断し実践できる、豊かな人間性を備えた助産師を養成しています。

講義風景

学内で分娩介助の演習をします。

赤ちゃんはもちろん、胎盤まで安全に娩出できるように何度も練習をします。

縫合の練習中です。

初めて使用する縫合用の器具と悪戦苦闘しながら練習します。

生まれた赤ちゃんが元気に成長しているか確かめるため、全身を観察します。

新生児蘇生法の演習です。

「将来赤ちゃんが欲しいと思っているあなたへ」というテーマで、学生を対象にピア・エデュケーションをします。

「将来、お母さんになりたいな。」そのために、今自分たちがするべきことについて参加者同士で話し合います。

看護学科の特徴へ戻る