学科紹介

概要

看護学科のご案内

教育の目的

人間理解を深め、多様化する社会のニーズに応えることのできる専門的な看護力を養成します。また、将来にわたり自らの資質向上をめざすための基礎的能力を養成します。

独自カリキュラム

将来の幅広い職業選択(看護師・保健師・助産師)が出来るよう、選択科目を多くし、学生の希望に沿った履修を可能にしています。さらに、学生生活のスタートを学習面で支援する「看護学入門」、社会のニーズに対応した「がん看護学」や「災害看護学」を導入しています。

丁寧な学生支援体制

初年次から、学業面や生活上の指導を、学年主任はじめ、多くの教員がきめ細かく行う体制になっています。また、実践能力の高い医療人を育成すべく、個別相談も含めた実習指導体制になっており、附属病院での臨地実習では、臨床教員の指導を受けながら最新の医療を体験することが出来ます。

修士課程

高度な看護専門職、教育・研究者を育成する2年の大学院課程です。社会人(有職者)が離職することなく就学できるよう夜間開講し、学習環境に配慮しています。
大学院生は、専門性の高い教員による講義や演習、実験・実習などでの直接指導により各自の研究を発展させ、研究成果が専門領域の関連学会等で高く評価され、卒業後、各専門分野で活躍しています。

沿革

1997年4月1日 「国立大学の学科及び課程並びに講座及び学科目に関する省令の一部を改正する省令(平成9年文部省令第15号)」により医学部看護学科設置
1997年4月24日 第1回医学部看護学科入学式挙行
1997年6月23日 福井医科大学医学部看護学科開設記念式典挙行
1998年4月1日 基礎看護学、臨床看護学、地域看護学の各講座開設
1999年3月25日 看護学科棟(第Ⅰ期工事)竣工
2000年2月29日 看護学科棟(第Ⅱ期工事)竣工
2000年5月23日 福井医科大学医学部看護学科棟竣工記念式典挙行
2001年4月1日 大学院医学系研究科看護学専攻(修士課程)設置
2001年4月23日 第1回大学院医学系研究科修士課程入学式挙行
2001年10月1日 旧福井大学と旧福井医科大学が統合
2004年4月1日 国立大学法人法の施行により国立大学法人福井大学となる
2007年10月1日 看護学科創立10周年記念式典挙行
2010年7月31日 看護キャリアアアップセンター開設記念事業
2014年4月1日 CNSコース「災害看護学」、「がん看護学」新設

理念

人間尊重を基盤に豊かな人間性と創造性を備え看護の高度な知識と
技術を持った人材を育成し、併せて看護を科学的に追求することにより、
個人及び社会の健康と福祉の増進に貢献することを目指します。

看護学部の目的・目標と3つの方針<(1)アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)、(2)カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)、(3)ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)>を示します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

1. 【医学部】の理念

愛と医術で人と社会を健やかに

真理を探究する知への愛―
それは、古代ギリシャの哲学者プラトンや医学の父ヒポクラテスが最も信頼を寄せた愛、すなわち、自分自身の「無知」を自覚し、つねに真理の側へと身を置き、それを不断に求め続けることを自らに課す、極めて厳しい愛です。私たちは、最新の医学・看護学知識や技術を学び、修練すると共に、次世代の医学・看護学を開拓する研究を推進します。
人命を尊重し人間に共感する人への愛―
それは、病に臥していようが無かろうが、日々の生活を営む人々のために自らの知識と知恵を捧げようと志す、徹底した無我の愛です。私たちはその具体的な姿を、福井藩蘭方医、笠原良策(白翁)(1809-1880)に見出します。笠原は、幕末まで死病として恐れられた天然痘の流行を食い止めるため、既存の医学や因習に囚われることなく、常に最先端の医学を探求し続けた「知への愛」の実践者であると同時に、自らの命を賭して種痘の普及と実施に尽力し、人と社会の健康に一生を捧げた人物に他なりません。私たちは、旧福井医科大学学歌に謳われた“杏林愛に芳しき”医療従事者や研究者を育成、輩出し、人と社会を健やかにする事に貢献します。

2. 教育目的・人材育成目標

【医学部】の教育目的
  • 福井大学医学部は、理念に基づき、人間形成を基盤に生命尊重を第一義とする医の倫理を体得するとともに、高度に発展した世界水準の医学および看護学の知識を修得し、グローバル社会で活躍できる医療人および研究者を育成する。
【看護学科】
  • 人間理解と倫理性を基盤とし、豊かな人間性と創造性を備え、高度な知識と技術をもち患者中心の看護を実践できる看護専門職および将来看護の分野で指導的役割を担うことができる人材を育成し、地域の保健医療の向上に貢献するとともに、看護学の発展につながる看護学研究を推進することを目的とする。
学部教育の人材育成目標
【看護学科】
  • 看護の対象となる人間を総合的に理解できる。
  • 高い倫理観をもち、看護の対象となる人間の権利を守る。
  • 健康に関わる諸問題の解決に必要な知識・技術を主体的に学び、創造する。
  • 関連領域の専門家と協力し、必要に応じて調整的な役割を果たす。
  • 看護を批判的に吟味し、建設的・創造的に発展させる。

3. 特色

【看護学科】

将来の職業選択に生かせるよう、選択科目の多い、ゆとりある教育を実施しています。また、医学部附属病院が主な実習病院であることから、最新の医療現場で充実した看護を学べます。

4. 求める学生像

【看護学科】
  • 看護に関心を持ち、将来看護職として、地域医療に貢献したいと考える人
  • 基礎学力の上にたって、人と地域社会に関心をもって学習に臨める人
  • 協調性がありコミュニケーション能力が高い人
  • 倫理的感性が高く、人間の尊厳と権利を重んじることができる人
  • 誠実な心を持ち、主体的で意欲のある人
  • グローバル化が進展する社会に対応できる幅広い視野をもつことができる人

5. 入学者選抜の基本方針

【看護学科】

「求める学生像」にふさわしい者を選抜するため、多様な観点から受験者の学力や資質を評価します。また、全ての試験に面接を課し、看護を学ぶ意欲・積極性・表現力・協調性・一般的態度を評価することにより、アドミッション・ポリシーに沿った入学者選抜に努めています。

1. 一般入試(前期日程・後期日程)

高等学校卒業者及び同等以上の学力があると認めた者に対し、大学入試センター試験、個別学力検査及び面接並びに調査書の内容を総合して選抜します。
大学入試センター試験では高等学校等での教科面における学習達成度を評価します。個別学力検査及び面接では、看護を学ぶための適性を総合的に評価するとともに、調査書により受験者の資質を評価します。

2. 特別入試(推薦入試Ⅰ)

人物、学力ともに優秀で健康であると高等学校長から推薦された高等学校卒業見込者に対し、個別学力検査及び面接並びに調査書等の内容を総合して選抜します。個別学力検査及び面接では、看護を学ぶための適性を総合的に評価するとともに、調査書により受験者の資質を評価します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

体系的な教育課程

医学部看護学科の教育課程は、共通教育科目(入門科目、基礎教育科目、共通教養科目)、専門基礎科目(看護外国語、生命基礎科学、健康科学、環境科学)、専門科目(基礎看護、健康時の看護、健康障害時の看護、臨地実習)、卒業研究で構成されています。共通教育科目では、将来のキャリア開発などに繋げられる初年次教育や幅広い知識と教養、豊かな人間性、高い倫理観を身につける教育を行います。専門基礎科目及び専門科目では、医学と看護学の理論と実践を科学的に追求し、高度な専門知識・技術を総合的に教育します。
国内外の保健・医療・福祉に関心を持ち、グローバルな視点にもとづく健康課題を学び、被ばくなどの災害時や、国際的な支援活動の看護のあり方と方法について教育します。人類の健康と福祉の増進を目的としてヒューマンケアリングにもとづいた、調整能力、コミュニケーション能力を有する人材の養成を目指します。
さらに、臨床的知見を踏まえた看護学研究の方法を学ぶことを通して、生涯にわたり看護学を追究する基礎的能力を養います。

効果的な教育方法

シラバスには当該授業の予習・復習を明記し、学生が主体的・効果的に学修できるように支援します。

厳格な学修評価

明確な到達目標と透明性のある評価方法に基づき、各科目の成績評価を行います。カリキュラム全体を通した達成度の評価についても、予め定められた基準を用いて多面的かつ厳格な評価を行います。

改善のための教育評価

看護学教育をより良いものとしていくため、教育の内容・方法・成果に対する組織的な評価と検証を行い、継続的な改善に努めます。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

看護学科では、教育理念・目標に基づき、高い倫理観と高度な専門知識・技能を有し、グローバル社会において、高度専門職業人として活躍でき、地域社会のニーズに対応できる能力を修得したものに学位を授与します。

1. 看護職者としての知識・技術

  1. 看護職者に必要な専門分野の知識を修得する。
  2. 環境や対象者の状況に応じた看護を実践するための基本的な看護技術を修得する。
  3. 対象者の身体的・精神的・社会的問題について的確に判断し、問題解決のための計画・実施を行い、自らの看護ケアについて評価する能力を有する。

2. 看護職者としての態度・姿勢

  1. 看護職者にふさわしい倫理観と良識およびコミュニケーション能力を備える。
  2. 看護の対象となる人を全人的にとらえ、ヒューマンケアリングを実践する能力を有する。
  3. チームの一員として、協働できる協調性と、対象者、家族、チーム構成員と良好な関係を構築できる対人関係能力を備える。

3. 地域医療を実践する能力

  1. 地域社会における健康課題を多職種と協働して解決に取り組む能力を備える。

4. 看護職者としての総合的な能力

  1. 医学・看護学の進歩や社会的ニーズの変遷に対応し、より良い医療・看護を主体的に追究し創造できる能力を備える。
  2. 自己のキャリア・マネジメントを効果的に行う能力を備える。
  3. 災害看護や国際看護など、グローバルな視点で活躍する看護職者としての基礎的能力を身につける。