受験生の皆さまへ

先輩からのメッセージ

患者さんと信頼関係が築けるように心がけています。

高橋優太朗さん

高橋優太朗さん

看護学科3年次
福井県立丸岡高等学校出身

患者さんの負担が少しでも減るように
気持ちに寄り添う看護をしたい。

病棟実習では、入浴や食事の手伝いなどのケアを担当します。最初は、どのように患者さんに接すれば良いのか戸惑いましたが、今では、少しは信頼関係が築けるようになったかなと思っています。例えば、身体の向きを変えるときには、患者さんが痛い思いをせず、負担がなるべくかからないように心がけています。患者さんの話を聞いて、どんなケアが必要なのか看護計画を立てるのですが、そのためには、1、2年次に習得する基本的な看護技術が大切です。患者さんと関わる以外に、報告書を書いたり、カンファレンスを行ったり、毎日忙しく過ごしています。苦しいこともありますが、私が行ったケアで、患者さんが喜んでくれて笑顔を見せてくれると、とてもうれしいです。

将来は災害の現場で働きたい。

実習風景

卒業研究では、災害看護の研究をしたいと考えています。将来はDMAT(災害派遣医療チーム)の一員として災害現場の最前線で活躍できる看護師になりたいです。そのためには、高度な知識や技術が求められ、勉強も経験も必要です。福井大学には災害看護を学べる環境が整っているので、積極的にチャレンジしていきたいと思います。