お知らせ

講義紹介

2018.05.31

福井県初☆小児専門看護師「小児看護活動論」に登壇

今年度福井県に待望の小児専門看護師が誕生しました。

福井大学附属病院小児病棟で活躍する広瀬知美さんです。

「小児がん」は年間2500人前後が発症するといわれています。小児がんの種類はとても多く、それぞれの患者数が少ないため、治療経験が豊富な医師が十分にはいないことが長年、問題となっていました。そこで国は、平成25年2月に、全国15の医療機関を「小児がん拠点病院」に指定し、 患者を集めて集中的に治療を行う「集約化」を目指してきました。

 しかし福井県にはこの小児がん拠点病院がありません。福井県内の小児がんの子どもたちの多くは福井大学附属病院で治療を行い、病気と闘っています。その子どもたちや家族の看護を行うリーダー的な存在が小児看護のスペシャリスト専門看護師です。

 

 小児専門看護師の広瀬さんには「小児看護活動論」の「慢性疾患のある子どもと家族の看護」と「終末期にある子どもと家族の看護」という内容で、日々の看護の実践や、病気と闘う子どもたちの現状を講義していただきました。

がんの子どもを看取った家族のドキュメンタリーVTRに心を打たれた学生も多かったようです。

看護の専門性を身近に感じ、9月から始まる臨床実習につながる講義でした。

講義紹介

2018.05.07

「環境科学論」 人間×環境=???

健康は何からつくられているのでしょうか。

身体に良い食べ物を食べること?

うがい・手洗いなどを行い、不潔なことから守ること?

タバコを吸わないこと?それとも…?

 

この日、1年生の皆さんは、健康をつくる「環境」の現状・課題・対策を学び、発表しました。

この授業では、聞き手の人たちと「質問・返答票」を介して、さらにお互いの学びを深めます。ついでにプレゼンテーションのコツも学べちゃいます。

 

ちょっとだけ発表風景を覗いてみました。

部屋の温度や湿度って、日々の生活にどう影響しているの?

近年の地球温暖化は、人間にどう影響しているの?

廃棄物はどんなふうに処理されるの?

 

どんな環境のもとで生きるのか?ということも、人間の健康をつくるために大切なことでした。

日々の暮らしを少し工夫することで、健康に生きることに、誰もが少し近づくことができるかもしれません。

講義紹介

2018.04.27

国際保健論は「当たり前」を疑う科目です。

 

国際保健論は4年生の4月に開講される選択科目です。

国際保健というと、海外に出て開発途上国や被災地の災害支援をするイメージが強いでしょうか。

実際、青年海外援助隊の経験のある方にゲストスピーカーとして派遣先の活動の実際をお話していただく日もあります。

学生達も『文字も読めなかったら毒なのか薬なのかもわからないねぇ』と口々に話していました。

 

海外から研修や留学や結婚などいろんな理由で日本にやってくる外国人も国際保健の対象です。

・希望を胸に日本にやってきて、病気になったらどうでしょうか。

・頼れる人がいなかったら誰に相談するのでしょうか。

・病気で働けなくなって海の向こうの家族に仕送りできなくなったらどうでしょうか。

講義では実際に在日外国人になって『日本の暮らし版人生ゲーム』をやっています。

 

日本で産まれ日本で育ったら、日本の医療も保健サービスも「当たり前」ですが、本当にそうだろうか。

これが一番いい!と思っているけれど、本当にそうだろうか。

これまでの「当たり前」を一旦ゼロにして幅広い視野に立って考える参加型科目です。

 

 

イベント

2018.03.27

卒業式は旅立ちの日

大雪に見舞われた長い冬が去り、桜の花芽も膨らみ始めた3月23日、医学部看護学科優秀学生表彰式・学位記伝達式が挙行されました。

 

優秀学生の表彰、医学部長からの式辞に続いて、一人一人の卒業生に学位記が授与されました。

長谷川看護学科長から、「辛いことがあっても周囲とうまくコミュニケーションとりながら乗り越えていってほしい」、

「社会や医療、看護、福祉などが大きく変動していく世の中にあって変化を恐れず改革していく社会人となってほしい」などのはなむけの言葉が贈られると、

全員が真剣なまなざしで聞き入っていました。

看護学科優秀学生の表彰を受けた3人です。

4年間を振り返り

 『みんなと過ごした4年間はとても楽しかったです!』

 『福井大学で素敵な学生生活を送ることができました!皆さんありがとうございました!』

 『素晴らしい先生方と素晴らしい仲間のおかげで、最高の4年間になりました!ありがとうございました!』

と満面の笑みで答えてくれました。

学位記伝達式に先立ち、午前中にフェニックスプラザに於いて行われた

全学部合同の学位記授与式の様子

ニュース

2018.03.07

「学生模試委員連絡会」を開催しました

先月、4年生が看護師・保健師・助産師の国家試験を受験しました。

 

この立役者となったのは、2年間にわたり、模擬試験のお世話をしてくれた5名の「模試委員」さんたちです。

卒業を前にして、1年生から3年生の模試委員に引き継ぎを行いました。

 

4年生が作った資料に基づき、模試委員の役割・模試の受け方など、具体的な仕事の内容を知ると共に、「前日は緊張で寝られなかった」「模試では全員が同じ教室で受験したが、当日は2つの教室に分かれて受験することになり動揺した」などという、国家試験を受験した人からしか聞けない感想も聞くことができました。

 

下の学年からも様々な質問が飛び交い、それぞれの学年なりにイメージを持てたようです。

「当日は朝食が5:45から、試験会場への出発が8:00だった。生活リズムを整えることが大事」、

「模試結果を活用し、弱いところの補講を先生方にお願いした」など、今後のアドバイスも貰えた貴重な機会となりました。

 

ページ