お知らせ

講義紹介

2022.04.28

糖尿病看護の技術演習

糖尿病看護の講義は2年生の「慢性期・緩和ケア看護実践方法論」の科目で行われます。

附属病院の糖尿病認定看護師から糖尿病とはどのような病気か、どのような看護が必要かについて学びます。

その後、インスリンの自己注射と自己血糖測定(SMBG)の技術演習を行います。

インスリン自己注射の演習では、皮膚モデルに演習用のインスリンを注射します。

皮膚モデルなので、実際の痛みは分かりませんが、患者さんと同じ体験をすることで気がつくことはたくさんあります。

患者さんに技術の指導ができるようになることは重要なことですが、それと同じくらい、患者さんの大変さ、技術の難しさ等に寄り添うことも大事です。

患者さんが日々の生活の中に治療を組み込むことは簡単なことではありません。

少しでも寄り添うことができるように、演習での体験を活かしていきましょう!

ニュース

2022.04.08

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます!

4月6日にフェニックスプラザにて新入生の入学式が執り行われました。

大学ではオリエンテーションも実施され、少し緊張しながらも新しい友達と笑い合い話をする新入生の姿がみられました。

11日からは授業が始まります。

看護の道への第1歩ですね。これから4年間よろしくお願いします!

ニュース

2022.03.31

祝!御退官 感恩報謝

令和4331日をもちまして臨床看護学の酒井明子教授が御退官を迎えられます。

酒井先生は、1998年に旧福井医科大学看護学科に着任され23年にわたり看護学科の発展に寄与されてきました。

災害看護学を専門にされ、数多くの教科書を執筆されたほか、被災された方のいのちと暮らしと生活を守るために国内外の災害現場で活動されてきました。

また、本学大学院に全国初の災害看護専門看護師教育課程を設置し、災害看護のスペシャリスト育成にもご尽力されました。

315日に「被災地からの学びと災害看護学の構築」というテーマにて、酒井先生の最終講義が開催されました。

笑顔あり、涙ありの温かな雰囲気のもと、会場とWEB合わせて100名を越える方にご参加いただきました。酒井先生の熱い思いは、皆様にしっかり受け継がれたと思います。

23年間本当にお疲れ様でした。

ニュース

2022.03.25

祝!看護師・保健師・助産師国家試験合格100%!!

3月25日(金)は、第111回看護師国家試験・第108回保健師国家試験・第105回助産師国家試験の合格発表がありました。

朝からソワソワ落ち着かない日となりましたが、無事全員合格となりました!!おめでとうございます!!

一足早いサクラが咲きました!!

ニュース

2022.03.23

卒業おめでとうございます!!

桜の蕾が少しずつ膨らみ始めた3月23日、看護学科学位記伝達式が執り行われました。コロナウイルス感染予防のため、マスクを着用し、ソーシャルディスタンスを確保しながらの開催です。

卒業生は、午前中はフェニックスプラザでの式典に、また午後からは看護学科校舎にて学位記伝達式に臨みました。

感染予防のため式典は学生のみの参加となったため、看護学科での様子をお伝えいたします。

初めに、医学部長から優秀学生の表彰と式辞がありました。

 

続いて、看護学科長から一人ひとりに学位記が授与されたのち、「卒業後には苦しいことや辛いこともあることと思いますが、コロナ禍を乗り越えてきた皆さんだから笑顔を忘れず、希望、目標、勇気をもって人生を切り開いて下さい」との祝辞を頂きました。

 

「皆さん、おめでとう」と大きな声で言うことはできませんでしたが、心の中で叫びました!!本当におめでとうございます!

春からは、先輩としてまた福井大学をよろしくお願いいたします!!!

ページ