お知らせ

ニュース

2021.05.21

オンライン実習が始まりました。

5月10日から母性・小児看護学実習がオンライン実習という形で始まりました。

 

実習初日は、メンバー全員と担当教員とGoogle meetを使用してガイダンスを行いました。

臨地での実習に即した展開となるよう「事例による受け持ち」を行い、看護を実践するための知識、技術、態度の習得を目指します。

 

2週目は、オンライン上で保健指導を行いました。

学生同士で母親や父親、看護師役を演じ、予期しない質問や返答に苦戦していました。

コロナ禍により、全国でもオンラインでの妊婦教室が開催されている状況であり、リアルな状況に近い保健指導ができたように思います。

保健指導を行ってみて、学生は、「この人たちにどうしたら出産を満足できるものに感じてもらえるか、児に深い愛着を湧いてもらえるのか、難しい。妊婦に必要な栄養素は食事だけでの摂取では難しい。できるだけ必要な分を補わなければならないが、対象の可能な限りで料理に取り入れたり、食事への意識を変えたりすることが重要だと思った。」との意見があり、対象に合わせた看護支援の難しさと大切さを学ぶとことができていました。

 

また、meetを通してグループメンバーや教員とのやり取りによって、他の学生からの意見をもとに新たな視野が広がり、グループメンバーと協力して実習を乗り切ることの大切さを感じている様子でした。

今後も、新たな形の実習で、楽しく有意義な実習ができるよう、工夫していきたいと思います。

ニュース

2021.05.07

福井県独自の「緊急事態宣言」の発令を受けて遠隔授業に切り替わってからもうすぐ2週間が経ちます。

いつもは明るい笑い声があふれている教室やラウンジも、今は息をつめたように静まり返っています。

校庭に出てみると初夏の花々や名もなき草花がそこここに咲いており、皆さんの一日も早い登学を待ち望んでいるようでした。

あと少し、心を一つに頑張りましょう。

ニュース

2021.04.26

学生支援活動が始まりました。

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。

新入生の大学生活を支援するため、先輩である2年次生や担当教員と共に語り合える場を設け、大学生活で起こりうる悩みなどを解決する機会を作っています。

先日、初めての集まりが行われました。写真は、1年生と2年生が順番に自己紹介などをしているところです。

初回はコロナ禍での感染予防に十分注意し、3密を避ける環境の中で行いました。

そのような中でも連絡が取りあえるようグループの連絡網を作り、オンラインミーティングを活用した活動を行ったりしています。

この活動が仲間たちとの交流を深め、コロナ禍を乗り越えていける支えになればと思います。

学生支援活動の詳細は、このHP内の「受験生の皆さまへの中に書かれています。一度覗いてみてくださいね。

ニュース

2021.04.08

国際看護学会で本学の取り組みを発表しました。

4月7-8日に、12th International Nursing ConferenceがWebにて開催されました。

学会のテーマは

"Refraining Nursing Education, Research and Practice: COVID-1 9 as Catalyst for Innovation"

主催者は、昨年本学看護学科とも学術交流協定を締結したインドネシアのアイルランガ大学看護学部です。

本学からは、4月7日に長谷川智子教授、定教授、長谷川美香学科長がスピーカーとして参加しました。

発表のテーマは

“Innovation in Nursing Education for Respiratory Care and COVID-19 Countermeasures in Fukui, Japan”

でした。

コロナ禍でオンラインによる学会開催でしたが、各国から多くの研究者が参加されました。

 

ニュース

2021.03.27

今年も保健師・助産師・看護師国家試験 全員合格でした。

第107回保健師国家試験、第104回助産師国家試験、第110回看護師国家試験について

厚生労働省より令和3年3月26日(金)14時に公表(合格発表)されました。

その結果、昨年に引き続き、保健師国家試験、助産師国家試験、看護師国家試験 全員合格でした。

みなさんおめでとうございます!

努力が報われましたことを心からお祝いします。

4月からの新天地での活躍を応援していますね。

ページ