お知らせ

講義紹介

2022.10.31

福井の人から暮らしと健康を学ぶ −ふくい看護論Ⅱ(1年生)&ふくい看護論Ⅲ(4年生)−

大学は10月から後期授業が始まります。

今回紹介する科目は、1年生が学ぶ「ふくい看護論Ⅱ」と4年生が学ぶ「ふくい看護論Ⅲ」です。この科目は本学独自科目です。地域の特徴や課題を学び・対応できる看護職になることを目指し、福井県内の特徴と、福井県内で活躍している方々から活動内容とご自身の健康について学びます。

 

この日は、様々な分野で活躍されている方々にゲストスピーカーとして講義をいただき、1年生と4年生が力を合わせて準備した質問をさせていただきました。

お一人目は、美浜町子ども・子育てサポートセンター所長 山本英子さんです。

山本さんからは、美浜町保健師としての仕事に加えて、地元地区の自主防災会活動にも尽力されていることをお聞きし、「自分のまち」への愛を、仕事や地域活動に変えて実践しておられることを学びました。

 

お二人目、ワーカーズコープ福井事業所 所長 森本喜美子さんからは、長い専業主婦時代から一転して地域の課題を解決することを主な業務とする団体に就職したこと、現在は様々な人たちの居場所づくりに貢献されていることをお聞きし、仕事のやりがいを見つける素晴らしさを学びました。

 

最後は福井市議会議員 堀川秀樹さんです。

福井市民の代表として、どんな人でも垣根なく交流できて楽しめるまちにするための、ご自身のミッションと実践をお聞きしました。これまで知らなかった福井市の姿を知ると同時に、看護実習などで出会う患者さん方も、それぞれに関心事や役割を持っていらっしゃるんだろうなあと考える機会となりました。

出席した学生たちは、病気に立ち向かうことだけでなく、その人の人生そのものを応援する看護師になりたいと口々に話していました。

 

 

講義紹介

2022.09.09

助産師を目指す先輩たちが頑張っています!!

福井大学医学部看護学科には、助産師教育課程があります。

学士教育4年間で助産師国家試験受験資格を取得できるため、とても人気の課程となっています。

今年度も8月31日から助産学実習の分娩介助実習が開始となりました。

お産はいつ始まるかわかりませんので、助産師を目指す4年生の先輩たちはお産に備えて待機をしています。

分娩介助実習の時期は、とても忙しい生活になりますが、将来の夢をかなえるための大切な実習です。

母子の安全を最優先に考えながら、良いお産となるようにサポートしていきたいですね。

お産に呼ばれない時間も、学生同士で演習をしています。

夢に向かって日々成長している先輩たち、キラキラ輝いています!!

 

 

講義紹介

2022.09.01

ふくい看護論Ⅰ  永平寺消防の見学(訓練?)へ

ふくい看護論Ⅰでは、永平寺町長さんをはじめ、保健師さんや企業の社長さん、永平寺消防消防長さんなど、“ふくい”に関連した講義を受けることができます。

講義で取り上げた内容をもとに8つのグループに分かれ、それぞれのグループでテーマを決めて模造紙にまとめ、最終日に発表を行います。

その中で、永平寺消防についてテーマを決めたグループは、看護学生として消防と連携して取り組めることは何かを考え、実際に永平寺消防へ見学に行ってきました。

消防士さんや救急救命士さんから直接説明を聞くとともに、防火服やロープ渡過訓練も体験させていただきました。

看護職(保健師・助産師・看護師)と消防が関わる機会は必ずありますので、学部生のうちから繋がりを持つことは大切ですね。

 

永平寺消防の皆様、ご多用のところ、快くご対応いただきありがとうございました。

 

 

講義紹介

2022.06.06

1年生の「生命科学」

現在、1年生の専門基礎科目の一つ「生命科学」の講義が行われています。

生物学の基礎知識は医療従事者にとって不可欠なので、5月から6月に亘って代謝、細胞の構造、遺伝、免疫などについて丁寧に学修します。

今日は第7回の講義が行われ、脂肪酸やアミノ酸が体内でどのように分解されるかについて学びました。

新しい用語が出てきて大変ですが、全員が真剣に取り組んでいました。

講義紹介

2022.06.01

4年生のマネジメント看護学実習

 

5月27日は、4年生のマネジメント看護学実習の発表会でした。

4年間の総括であるマネジメント看護学実習では、安全で質の高い看護ケアやサービスを提供するための管理体制やマネジメントについて学びました。

 

実習で関わった場面から、グループごとに発表しました。

それぞれのグループの発表から、意見を交換し合うことで、学びを深めることができました。

指導者の看護師さん、看護師長さん、副看護部長さんも発表会に参加してくださいました。

「質の高い看護を提供するには、人材育成が重要です。良い看護師を育てることが良い病院を創ります!」というお言葉を頂きました。

『これからの看護を支えるのは、未来の看護師である学生の皆さんです』

ページ