お知らせ

講義紹介

2020.01.21

老年看護専門看護師を目指して奮闘中

夜9時半を過ぎても熱く語っている教室があります。

老年看護専門看護師課程の3人です。それぞれ老年看護の専門性を極めたいと昨年4月に

入学されました。

今日は「老年看護学特論V(システムケア論)」の最終回です。

前半は、講師に行政の保健師の立場から小松市役所長寿介護課の角地孝洋先生をお迎えして

今後の高齢者へのサポートシステムの在り方と題して講義をしていただきました。

他の自治体に先駆けて取り組んでいる~コンチネンスケア先進都市こまつ推進事業~を例に

挙げて、小松市らしい地域包括ケアシステムをどのように構築するのかを熱心にお話いただきました。

後半は、受講生のそれぞれが考える地域包括ケアシステムをプレゼンします。

日ごろの業務や暮らしの中での想いをシステム化していくプロセスを学びます。

知識と経験、そして多職種や多機関からの意見を交えた実践向きのトレーニングです。

みっちり3時間あまり・・・濃い学びでした。

老年看護専門看護師課程の皆さんのインタビューは福井大学大学院医学系研究科修士課程 看護学専攻2020

のデジタルパンフレットにも掲載されています。

https://www.med.u-fukui.ac.jp/wp-content/uploads/digitalbook/2020/nursing/index.html

大学院への扉開けてみませんか。多くの皆様のエントリーをお待ちしています。