お知らせ

イベント

2018.03.27

卒業式は旅立ちの日

大雪に見舞われた長い冬が去り、桜の花芽も膨らみ始めた3月23日、医学部看護学科優秀学生表彰式・学位記伝達式が挙行されました。

 

優秀学生の表彰、医学部長からの式辞に続いて、一人一人の卒業生に学位記が授与されました。

長谷川看護学科長から、「辛いことがあっても周囲とうまくコミュニケーションとりながら乗り越えていってほしい」、

「社会や医療、看護、福祉などが大きく変動していく世の中にあって変化を恐れず改革していく社会人となってほしい」などのはなむけの言葉が贈られると、

全員が真剣なまなざしで聞き入っていました。

看護学科優秀学生の表彰を受けた3人です。

4年間を振り返り

 『みんなと過ごした4年間はとても楽しかったです!』

 『福井大学で素敵な学生生活を送ることができました!皆さんありがとうございました!』

 『素晴らしい先生方と素晴らしい仲間のおかげで、最高の4年間になりました!ありがとうございました!』

と満面の笑みで答えてくれました。

学位記伝達式に先立ち、午前中にフェニックスプラザに於いて行われた

全学部合同の学位記授与式の様子