お知らせ

ニュース

2019.01.23

母子看護学概論より

「現代の母子と家族を取り巻く医療における倫理的問題」をテーマにグループごとに発表しました。

胎児に先天異常が見つかったら… 妊娠を継続?それとも人工妊娠中絶?

誰かの精子であっても妊娠を希望 非配偶者間人工授精選択?それとも妊娠をあきらめる?  etc…

母親、父親、子のそれぞれの立場に立って、意見を出し合いました。

 

母子の分野では特に、胎児や子どもの生、人権が親の選択に左右される状況があります。

「これが正しい」という答えはありません。

まずは、家族や夫婦の思いを聞きながら、悩んでいる過程を理解すること、そして、悩みに悩んで、悩み抜いて出した結果に対して、支援していくことが重要であると学んでいました。

とてもむずかしい問題です。